フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

音楽会

2014年10月10日 (金)

音楽は人が奏でるもの

字数を尽くすほどに、伝える内容が薄らぐ気がしてならないのだが、自分の記録としてあえて記しておきたい。

オーケストラの演奏会で(良い方の意味で!)こんな事を感じたことがあっただろうか?
古い記憶をたどればレニングラード・フィルを大阪で聴いたときがそうだったか。

でも、20代中ほどの青年だったワタシが感じたものと、今回の四半世紀を経て鍛錬された自分の心が受けた感動は異なっているかもしれない。

昨晩はゲルギエフ率いるマリインスキー歌劇場管の演奏会を聴きに行った。

人づてに譲って頂いたチケットは人生初の1階最前列。
上手側に陣取るチェロ軍団を仰ぎ見る位置である。

正直言って、音楽を聴く席ではないことから、実はこの音楽会にあまり期待していなかった。
(のちに演奏会中盤のチェロのソロを聴くベストポジションになることはまだ知らない)

大変失礼ながら、オープニングのプロコフィエフとチェロの”ドボコン”は、プロらしい上手い演奏に過ぎなかったのだが、本物の音楽会はこのチェロコンチェルトのアンコールから始まった。

ソリストのNarek Hakhnazaryanが奏でるGiovanni Sollima作曲のLamentatio
プレーヤーと音楽が一体化した幻が自分の数歩先にあるという現実を味わう。
素晴らしい。

20分の休憩時間をおいて、チャイコフスキーの第六交響曲が始まる。
この席だからわかる壇上の奏者達(←といっても管楽器はまったく見えないのだが)の眼差しの変化。当然出てくる音も先ほどまでとは全く異なる。

前半に使用していた指揮台を撤去して、さらに弦楽器の1プルトの輪を広めに配置したのは、ゲルギエフ本人の、言わば”舞”の場を作るため。

縦横に動きながら指示を出す、否!音楽を奏でる指揮者の姿はなかなか拝めるものではない。

蜜月の長い指揮者に対してそのオーケストラを”手兵”という言い方をすることがあるが、これはもはや”楽器”である。好みはあると思うが、指揮者がイメージする音楽を忠実に反映できる、数十人から成る装置。

名手を揃えるだけでは決して為し得ない芸術の一端に触れることができた。
素晴らしい。

もう何に感動しているのかわからなくなってきた。
でも、最後に一言。

「音楽は人が奏でるもの」

2011年2月 6日 (日)

考える演奏会

荒木玉緒氏のユーフォニアム・リサイタルを聴く。
いろいろなことを考えさせられた。

終演後の宴席にも出る。
またいろいろなことを考えさせられた。

2011年1月15日 (土)

生アレッシを聴く

九州なのに暴風雪なんて予報が出る中、高速道路を福岡へ。
今日はNYフィル主席Joseph Alessi氏のトロンボーンリサイタル。

生のアレッシを拝むのは1995年のインターナショナル・トロンボーン・サミット以来。
当時は後ろで結わえていた髪の毛もすっかり無くなって(←人ごとではない)音もパワーアップ。
いや、音楽がパワーアップというべきか。

生アレッシを聴く(楽器の持ち方としては間違っています)

息継ぎやスライドの短所といった楽器の都合を感じさせないその演奏は、もはや”トロンボーンの名手”ではなく”巨匠”というべきもの。

新しいEdwardsトロンボーンの宣伝(←いわゆる”アレッシホーン”ですな)も兼ねているせいか、プログラムがモロにトロンボーン吹き向けなのがむしろ残念。

終演後、ワタシの師匠であるM岡先生が「ダメだ!追いつけない!!」と苦笑いしておられましたが・・・これからトロンボーンを学ぶ人たちは大変だなあ(゚ー゚;

2010年11月14日 (日)

Tubaを聴きに

読売交響楽団のTuba奏者、次田心平さんを拝聴しに街へ向かう。

次田さんは第6回熊本ユーフォニアム・チューバフェスティバルのゲストプレーヤー。
フェスティバルといっても、どっかの泊まりがけ行事と違ってコンサートのみのシンプルなイベント。
今日伴奏を務めるピアニストAさん(←自称”低音金管専門”とか言ってるし^^)から買ったチケットを握りしめて会場に入る。

Tubaを聴きに(独特な雰囲気を放つ案内)

ところどころ金色だったり銀色だったりするユーフォニアムを指して「あれは軽自動車より高いんだよ」とかウチの奥さんに説明しているうちに開演。

まずは協会員の方々によるカルテットなど。
会場がホールというよりスタジオなので響きすぎず、むしろ聞きやすい。
しっかし、小さな会場で見るチューバは大きい!チューバのカルテットとなれば4本も並ぶわけで、移動も大変そう。
それにしても、同じ”チューバ”という名前でこれほど大きさが違う楽器は、人が持ち運べる楽器(←持ち運べない代表はピアノとかパイプオルガンとかね)ではチューバくらいだろうな。

(20数年前、大学オケの門をたたくのが数日早ければ、ワタシも中学&高校と続けてきたチューバを今でも吹いていたかも・・・とか思うと不思議な気分になりますわ)

Tubaを聴きに(全部でおいくら?)

さて、第1部が終わって第2部が次田さんのミニコンサート。
技巧を過度に誇張しない丁寧な演奏に感心。
ご本人も好きな曲を楽しく演奏しているようで、それが伝わる伝わる!
ワタシが知ってる曲も知らない曲も、楽しく丁寧に演奏してステージ終了。

大満足( ^ω^ )

ご存知の通り、音楽の教科書に登場するような作曲家の面々はチューバの為に曲を書かなかった(←存命中にはチューバなんて無かった人も多数ですな)わけです。
鈍重なイメージを払拭したいのか、機動性への挑戦なのか、この数十年間に書かれ世に出回っているチューバの為の作品はいわば怪作だらけ。

そんな怪作を傑作に変えるのが時の名手の仕事なのだと理解した日。

2010年8月20日 (金)

AbendKonzert

友人のクラリネット奏者、M野女史のリサイタルを聴きに行く。
曲によって、ステージにはピアノ、ソプラノ歌手、弦楽四重奏と演奏者多数な演奏会。

徹底した練習の成果が感じられる演奏。
(彼女とは長いつきあいなので)欲を言うとステージの上に立ったら「見られてもかまわない」ではなく「すべて見せるためのもの」っていう気構えがもうちょっとあると良いな。

リサイタル未経験のワタシのコメントはここまで。

2010年6月19日 (土)

お疲れデー

今日は我が家では結婚”式”記念日なんだけど予定が入っているのでまた後日。
ってことでまずは朝から中学生の指導に行く。

吹奏楽コンクール前なので、気合いとか焦りとかが混じった気配をなんとなく生徒さんたちから感じるものの、やはり音域とか譜読みといった、曲のずぅっと手前のところが大問題になっていて・・・たいそう疲れました。

体の一部が灰になったような気分で帰宅して、妻とランチに出かけるも気分転換にはほど遠く、コンディションそのままで夜のピアノの演奏会に向かう。

今日はM田の奥さんのソロリサイタルなんである。
プログラムはバッハ+モーツァルト+シューベルトのドイツ・オーストリア系に加えて武満。

ピアノの心得がある人たちは特にミスタッチに過敏なようだが、特にワタシは気にせず静聴静聴。前半ラストに武満を持ってきたのは良かった。

おつかれさまでした!>M田夫妻

帰り道、唐揚げ屋さんに寄って家でビールをちょこっと飲んで今日は終了。

2010年3月22日 (月)

出水南中吹奏楽部第9回定演

に出演しました。

出水南中吹奏楽部第9回定演(主役の吹奏楽部。熱演!)

私の出番は三部構成の第2部のトリ。

出し物は、

亡き王女のためのパヴァーヌ(M.ラヴェル)
サクソフォーン奏者須川展也氏の編曲による譜面。途中からアルトトロンボーンに持ち替えて演奏。
カヴァティーナ(C.サン=サーンス)
トロンボーン吹きにはおなじみの小品。ちょっとこだわってテナーバスのFバルブを使用せずに演奏。
風笛(大島ミチル)
1999年のNHK朝の連ドラ「あすか」のテーマ曲。原曲はオーボエのソロだが、妻が持っていたチェロ用の編曲版をオクターブ上げてアルトトロンボーンで演奏。
トロンボーンのためのソナタより第1楽章(E.イウェイゼン)
大曲なので時間の都合上、最初の楽章だけ。
アヴェマリア(A.ピアソラ)
オーボエとピアノのための作品をテナーバスで。アンコール。

来場のお客様には最後までご静聴いただき、ありがとうございましたm_ _m

それにしても演奏者のマイナー指向が光りますなぁ^^;

Aさん、次回も伴奏よろしくお願いいたしますね^^/

出水南中吹奏楽部第9回定演(終演後はSlideworkのみんなとお花見)

そうそう、次回からタキシードの時にはカフスとサスペンダーを忘れないようにしましょ(^-^;

2010年2月25日 (木)

Michel Becquet

仕事を早めに切り上げて福岡へ。
6年ぶりに耳にするMichel Becquet氏の音楽。
その音色と響きが素晴らしい事に加えて、楽曲の表現についての説得力に感嘆する。

Michel Becquet(意外にもソロアルバムは現在1枚のみ)

終演後はさっさと帰って練習したい気分に駆られる!ってまだ若い?

Eps2004_dscf0104 (2004年リモージュのコンセルバトワールにて。

Slidework+Becquet氏。

この頃のBecquet氏は交通事故後のリハビリ中で杖を使っておられました。

連日Becquet氏の音を聞き、Becquet氏の指導を受けるという夢の日々。)

2009年11月22日 (日)

いーふーふのひ

実は結婚記念日なのである。
ちょっと特別なことをしよう!という妻の提案で久しぶりにオケの演奏会@県劇へ。
ゲルギエフ+マリインスキー劇場管のB席はお一人様¥8000ナリ。

いーふーふのひ(カラー刷りのパンフは¥500)

妻はもっと高いS席(¥12000)、A席(¥10000)のチケットも検討していたが、「あのオケなら何処の席でも全部音が聞こえるよ」というワタシの意見で決定。

さて、このオケを聴くのは2007年11月の公演以来2回目なのだが、今日の出し物は

  • 序曲「1812年」(チャイコフスキー)
  • 組曲「展覧会の絵」(ムソルグスキー~ラヴェル編)
  • 交響曲第6番「悲愴」(チャイコフスキー)

という”あり得ない系プログラム”。

冒頭から指揮者によるオーケストラの完璧なコントロールが感じられる演奏。
フレーズに対する奏者の拘りなど全く無視したかの如き音楽的全体主義(←言い過ぎ?)がもたらす別次元の協調美。
でも決して縦横がちがちでない柔軟なアンサンブルはこれまた不思議なバランス感覚。

結果、音楽として聴ける「1812年」、プレーヤーの技量にハラハラしない「展覧会の絵」、そして全ての音が無に転落していく「悲愴」のラスト。息をすることも憚られる静寂、そして作法どおりアンコール無しの終演。

(終演後すぐに移動だからアンコールをやらなかった!という意見も耳にしたが「悲愴」に続けてアンコールを期待するほうが興醒めという気がする、ワタシは。それが事実ならアンコールを呼び込まぬためのプログラムなのだ。)

すばらしい。¥8000満喫。ありがとう、妻。

欲を言えば、これらは別々の演奏会で聴きたかったってことくらい。

さ、街でごはんを食べよう!

2009年9月26日 (土)

Slidework演奏会

Sw10thflyer
が終わった。

1997年に「トロンボーンの音楽会」と題して始めたコンサートは幸いにも途絶えることなく、今回が10回目。

節目のイベントにメンバーのF島が仕事の都合で出演できなかったことが残念でしたが、K嶋の入団以来初めて、およそ90分のステージに四人きりで臨む演奏会は(ほぼ)無事に幕を閉じました。

ご来場いただいた皆様方に御礼申し上げるとともに、次回の演奏会にも是非足をお運びいただきますようお願いいたします。

Img_8046 Img_8055

Slidework演奏会(終演後はこれに勝るものなし)

より以前の記事一覧